« マユミ(真弓) | トップページ | カキノキ(柿の木)の雌花と雄花 »

2008年6月 4日 (水)

コバンソウ(小判草)とヒメコバンソウ(姫小判草)

コバンソウです。道端で鈴なりになってます。

Photo_6

ヒメコバンソウです。
先日、大阪のお袋様の家のそばでみつけましたが、関東ではあまり見掛けません(?)

Photo_7

|

« マユミ(真弓) | トップページ | カキノキ(柿の木)の雌花と雄花 »

コメント

たびこのおうちでよく
コバンソウをむしって集めて
「ゴキブリ!!!」と言って
友達に投げつけて遊びました(いじめじゃないよ

ゴキブリが手足を畳んだ様子に似ています。
確かにヒメゴキブリのほうは見ないですね。

投稿: 月猫 | 2008年6月 4日 (水) 19時00分

>コバンソウをむしって集めて「ゴキブリ!!!」

 をー、なかなか良さげな遊びではあるが、、、、、、、
 それは、純理論的には正しいとは言えませんっ(;`O´)
 <あのねのね>の歌う<赤とんぼの歌>によれば、ゴキブリは 柿の種 でなくてはなりません。

 ♪赤とんぼ、赤とんぼの羽を取ったらトンガラシ♪
 ♪油虫(ゴキブリのこと)、油虫の足を取ったら柿の種♪

 ♪トンガラシ、トンガラシに羽を付けたら赤とんぼ♪

 ♪柿の種、柿の種に足を付けたら油虫♪
 (以下略)

 1970年頃、当時千里丘の家にいた駿河屋の耳に突然深夜ラジオから流れ出たこの歌の素晴らしさに電撃ショックを受けたものでした( ̄- ̄)

投稿: 駿河屋伝兵衛 | 2008年6月 4日 (水) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159885/41378387

この記事へのトラックバック一覧です: コバンソウ(小判草)とヒメコバンソウ(姫小判草):

« マユミ(真弓) | トップページ | カキノキ(柿の木)の雌花と雄花 »