« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

ヒルガオ(昼顔)とハマヒルガオ(浜昼顔)

ヒルガオ、咲き始めましたねぇ(*´ェ`*)

Photo_6

ハマヒルガオです。花は似てるけど、葉は全く違う(*゜Q゜*)

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

ツユクサ(露草) 3種

ツユクサ、咲き始めましたねぇ。花の色がなんとも可憐で美しい(*´ェ`*)
ただ、この色は退色しやすいので、昔は染物の下絵を描くのに使われていたそうです。

Photo_8

ムラサキツユクサです。

Photo_9

オシベに毛が生えてますが、この毛に節がたくさんあるように見えるのは、実は細胞が一個づつ縦に並んでいるからなんだそうです(  ゜ ▽ ゜ ;)

Photo_10

トキワツユクサです。

Photo_11

トキワツユクサのオシベの毛の細胞のほうがよく見えて綺麗です(*゜ー゜*)

Photo_12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

ゼニゴケ(銭苔)

日陰の湿った地面で這いつくばってますが、近くに寄ってみると、雄花が林のようです(゜ロ゜;)

Photo

よく見ると、傘の下に花っぽい色があります(  ゜ ▽ ゜ ;)

Photo_2

画面右下の頭が平らなのが雌花だそうです。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

オヤブジラミ(雄薮虱)

どこにでも生えてます。

Photo_4

5mmほどの小さな花ですが、意外にしっかりした姿です(  ゜ ▽ ゜ ;)

Photo_5

もうたくさん実がなってます。

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

クサフジ(草藤)

相模川の土手に群生してました。

Photo_2 

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

ニョイスミレ(如意菫)とジュウニヒトエ(十二単)

ホームコースのりんどうコース1番ホールティグランド左の林縁に咲いてるニョイスミレです。
「おーしっ、今日こそっ  \(*⌒0⌒)b♪」

Photo_18

「くくーっ、やっぱだぁ、コースにやられたぁぁ、、、( ̄Д ̄;;」
りんどうコース9番をホールアウトし、足取り重くクラブハウスに向かう山の斜面に群生していているジュウニヒトエです。
可憐な花の姿に傷ついた心がなぐさめられ、、、、、、、、、、ません(・Θ・;)

Photo_19

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

イロハモミジ(いろは紅葉)とジシバリ(地縛)

ホームコースの山吹コース1番ホールティグランドの斜面に揺れるいろは紅葉の実です。
「おーしっ、午後こそはやるぜっ  \(*⌒0⌒)b♪」

Photo_16

「くくーっ、今日も負けたぁ、コースにやられたぁぁ、、、( ̄Д ̄;;」
山吹コース9番をホールアウトし、足取り重くクラブハウスに向かう林の中に群生していているジシバリです。
可憐な花の姿に傷ついた心がなぐさめられ、、、、、、、、、、ません(ーー;)

Photo_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

ニガナ(苦菜)とタツナミソウ(立浪草)

ホームコースのしらゆりコース1番ホールティグランドの斜面に咲いてるニガナです。
「おーしっ、今日はやるぜっ  \(*⌒0⌒)b♪」

Photo_14

「くくーっ、負けたぁ、コースにやられたぁぁ、、、( ̄Д ̄;;」
しらゆりコース9番をホールアウトし、足取り重くクラブハウスに向かう山の斜面に群生していているタツナミソウです。
可憐な花の姿に、傷ついた心がなぐさめられ、、、、、、、、、、、、、
、、、ません(・Θ・;)

Photo_15

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月23日 (金)

ニセアカシア=ハリエンジュ(針槐)

咲く姿は見事だし、良い匂いがする大好きな花です(#⌒∇⌒#)
西田佐知子の♪アカシアの雨がやむとき、、♪とか、石原裕次郎の♪想い出はアカシア、、♪ なんて名曲も多いし、、、、(*´ェ`*)

Photo_12

でも、アカシアは実はミモザのことだということで、今や偽アカシアと呼ばれるようになったそうです w(・Θ・;)w

Photo_13

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

キリ(桐)の花

若葉と花の色の対比が好きです(。-_-。)

Photo_10

咲きかけのこんな姿も風情ですよねぇ(*´ェ`*)

Photo_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

ハハコグサ(母子草)とチチコグサ(父子草)

春の七草のゴギョウって、母子草のことだそうです。

Photo_8

父子草です。母に比べると目立ちませんね( ̄Д ̄;;

Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

ミズキ(水木)とヤマボウシ(山法師)

山の中腹で風に揺れる花の姿が良いですよねぇ(。-_-。)
どちらも遠くから見ると同じように見えますが、寄ってみるとかなり違う(*゜Q゜*)

ミズキです。

Photo_4

Photo_5

ヤマボウシです。

Photo_6

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

コゴメウツギ(小米空木)

枝が中空なのをウツギって呼び、同じ科とは限らないそうで、このコゴメウツギはバラ科だそうです。

Photo

林の中の真ん中で木漏れ日に光ってました。

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

ホオノキ(朴の木)の花

でっかい葉にでっかい花なので目立ちます(*゜ー゜*)

Photo

朴の木って言えば下駄の歯の材料を思い出すのは駿河屋のような還暦人(^▽^;)
今もといえば、あの美味しい朴葉焼きですかねヾ(@^(∞)^@)ノ

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

カタバミ(片喰)4種

普通のカタバミです。もう種を付けてますね(  ゜ ▽ ゜ )

Photo

アカカタバミ(赤片喰)です。 葉が赤いので赤カタバミだそうです。花の真ん中付近の縁もちょびっと赤いです。
乾いた所が好きらしく、道端のカチンカチンの所にも生えてます。

Photo_2

一年中咲いているイモカタバミ(芋片喰)です。紫色の花なのにどうして芋なんですかね((゜m゜;)

Photo_3

ムラサキカタバミ(紫片喰)です。花の中央部が薄緑いです。他のカタバミより咲き始めの時期が少し遅いです。

Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

カスマグサ(カス間草)

カラスのエンドウとスズメのエンドウの中間ぐらいの大きさの花なので カとスの間の草 と名づけられたんだそうです(゜ロ゜;)

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

コウゾ(楮)

球に毛が生えたようなのが雌花、下の網目の袋のようなのが雄花だそうです。

Photo

雄花です。時々、袋状の花が弾けてパッと花粉が飛び散ります((゜m゜;)

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

フジ(藤)=ノダフジ(野田藤)

藤棚の藤も綺麗ですが、駿河屋は自生した藤の逞しい姿が好きです(●^^●)

Photo_4

関西(以西)にはヤマフジ(山藤)という花房が短くてツルも逆巻の藤があるので、区別するために普通の藤を野田藤と呼ぶのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

クルミ(胡桃)

クルミの花です。
ヒモにたいにぶら下がっているのが雄花、枝の上に赤く見えるのが雌花だそうです。

Photo_2

もう小さな実が成っている木もありました。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

オヘビイチゴ(雄蛇苺)

蛇イチゴより立派な花なので雄蛇イチゴだそうです。
名前はイチゴですが、キジムシロの仲間なので実は成らないそうです(*゜Q゜*)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

ヘビイチゴ(蛇苺)

これは食べられません。というか、毒ではないそうですけど、毒々しい色で中空のあの実は食べてみる気がおきません((゜m゜;)

Photo_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

オランダイチゴ(阿蘭陀苺)

イチゴって、江戸時代に観賞用としてオランダから輸入されたのでこう呼ばれるそうです。

Photo_11

Photo_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

ニガイチゴ(苦苺)

この子の実も甘いですが、種は苦いので要注意です(・。・)

Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

モミジイチゴ(紅葉苺)

たくさん咲いてますが、葉の下で下向きに咲くので目立ちません(゜Θ゜)

Photo_8

昨日のクサイチゴよりあっさりしてますが、この実も美味しいy(^ー^)y

Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

クサイチゴ(草苺)

山道や荒地で良く見ます。
美味しい実です(*゜ー゜*)

Photo_6

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

ヤブニンジン(藪人参)

津久井の日陰山道で咲いてました。

Photo_3

小さな白い花が宝石みたい(●^^●)

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

シャガ(射干)

駿河屋の好きな花の一つです(●^^●)

Photo_2 

古代に中国から渡来した花だそうですが、遺伝子が3倍体で種ができないので、全て同じ株からの根分けで日本中に広がったものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タネツケバナ(種付花)

2ヶ月以上も空地や道端を賑わしてくれましてけど、そろそろ盛りを過ぎましたね(*゜Q゜*)

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

ウマゴヤシ(馬肥)

江戸時代に渡来したそうです。
牧草として優れていたのでウマゴヤシとか、トクウシゴヤシとか呼ばれるようになったとか、、、

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

イタドリ(虎杖、痛取)

スカンポの林です。見るだけで酸っぱそうです(゜Θ゜;)

子供の頃、擦り傷にこの葉を揉んですり込んだり、チドメグサを傷口に貼ったりして血を止めてましたっけ。

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

スイバ(酢葉)

相模川の河原が真っ赤に染まる季節になりました(●^^●)

スイバのことをスカンポと言うそうですが、駿河屋は子供の頃、イタドリの若芽をスカンポと呼んでました。折るとポンと音がして、かじると酸っぱくて、、、、
あの頃が懐かしい(。-_-。)

Photo_3

雄花です。

Photo_4

雌花です。

Photo_5

酸っぱいのは蓚酸の味だそうで、湯通ししないで生のままたくさん食べるのは毒だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)

この花、地中海原産で、1961年に東京で確認されたというニューフェースだそうですが、今やどこにでも咲いてます。<br>よほど日本が気に入ったのでしょうか(●^^●)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »